Progress of this week.

The added functions are as follows.

Added “Interaction Property” to use as a trigger for key input, MIDI, OSC etc.

“VertexShader Property”, “FragmentShader Property” added. It is possible to call Atom as an external editor. Even with built-in editor, it supports real-time compile.

A directional light node was added. Finally, light sources other than the shadow map were added.

Several mesh nodes and effect nodes have been added.

Supports scene export, files are created with thumbnails.

Also, I made it possible to export the files that included the media used in that scene. I call it a “share” function. So I can bring it to another host machine.

blog62−1

blog62−2

As the latest TODO,

* It is necessary to prepare the node that performs copy and iteration like QuartzComposer and Processing.

* It is necessary to make it possible for the user to create a grouping node aggregating other nodes.

Best Regards,

  Nozomu Miura

miura

秋田県生まれ。ベルギー、東京を経て現在シンガポール在住。 様々な業務アプリケーションの開発に関わり、主に低レイヤーの開発を得意とする。 ベルギーへ渡り、照明最大手のR&Dのリードエンジニアとして、メディアサーバや照明制御の開発に6年間従事。 2006年のユーロビジョンソングコンテストやアーティストのステージを支えるエンジニアとしてベルギーを拠点に欧州で活躍。 日本ではライブストリーミングサイトdommuneや、坂本龍一の映像配信などをサポート。 その一方で、vjとしてクラブシーンとも関わり、積極的にvjソフトウェアを開発。 小さくてもニーズのあるツールを提供するのが生き甲斐。次のプロダクト作成のため、メンバーを探している半ばの人生。 エンジニアとしてのメンタルを保つために、アジア大陸最南端でギラギラ葛藤中。 動物とあんことレッドブルが好き。最近お酒に弱くなりました。

0 comments