Red Dot Drone始動

こんにちは、TECHLIFE SG代表の三浦です。

今日は皆様にお知らせがあります。

実は先月、新たにRed Dot Drone Pte.Ltd.という会社をシンガポールの仲間と共に起業しました。シンガポールを拠点に東南アジアをターゲットとしたドローンに関連する業務を進めてまいります。

http://reddotdrone.com

先日のブログでも写真を掲載しましたが、NUS Enterprise@Blk71というインキュベーション施設内にオフィスを構えました。

メンバー4人のうち、現在平川と私が100%注力しています。平川について紹介しますと、株式会社サイバーエージェントでソフトウェアエンジニアとしてAmebaのサービス開発に従事。その後シンガポールに渡り、現地企業BurppleでVPエンジニアとして創業初期から参加しています。その他のメンバーも、大学で通信・エレクトロニクス分野を専攻し、外資系企業にて半導体・通信機器・ネットワークシステム等の技術分野の特許出願や調査を行なっている特許スペシャリスト兼エンジニア、世界各国で開催されたドローンコンペティションにパイロット・エンジニアとして参加した経験を持つドローンパイロット兼エンジニアという多彩な顔ぶれでスタートしました。

出身地秋田の町おこしということで、今週も謎のキャラクターをご紹介。こちら与次郎さん(狐)、県立美術館の前に鎮座。飛脚として秋田〜江戸を6日間で往復した伝説があるそうです(狐だよね?)。

出身地秋田の町おこしということで、今週も謎のキャラクターをご紹介。こちら与次郎さん(狐)、県立美術館の前に鎮座。飛脚として秋田〜江戸を6日間で往復した伝説があるそうです(狐がそんなことできるの?)。

最初はただのドローン好きの集まりでした。シンガポールでのメーカーフェアでの活動や、空撮案件、子供向けドローン教室などの活動を経て、会社設立となったわけです。

私はソフトウェア開発全般を担当しますが、ドローンにおけるレース・エンターテイメント分野、測量、データ解析、オートパイロットにも注力していきたいと思っています。すぐに全容が見えてこないプロジェクトもあるかと思いますが、Blk71のメンバーの一員として、他のスタートアップと連携したり、シンガポール国立大学と連携したりすることで、様々なビジネスチャンスを掴んでいきたいと思います。

また、日本のドローン企業と東南アジアの架け橋になるよう進めてまいります。こんな会社がシンガポールにあるらしいよ、とぜひ周りの方にご紹介ください!

続きましてシンガポールでたまーに見かけるコイツは、SINGA THE COURTESY LIONというそうです。2013年に公式引退したそうな...。

続きましてシンガポールでたまーに見かけるコイツは、SINGA THE COURTESY LIONというそうです。2013年に公式引退したそうな…。

TECHLIFEはもちろん引き続き継続し、Audio/Visualのシーンにコミットしていきます。Red Dot Droneは生まれたばかりのスタートアップのため暫く集中する予定ですが、TECHLIFEの方は組織を強固にし、私の依存部分を極力減らして、チームで対応できるような本来あるべき姿に徐々にシフトしていきたいと思います。バージョンアップや、新作などではもちろん私がプログラミングしたものがコアになります。お待ちください!

今後はTECHLIFEのほか、Red Dot Droneにもご期待ください。

Best Regards,

 Nozomu Miura

miura

秋田県生まれ。ベルギー、東京を経て現在シンガポール在住。 様々な業務アプリケーションの開発に関わり、主に低レイヤーの開発を得意とする。 ベルギーへ渡り、照明最大手のR&Dのリードエンジニアとして、メディアサーバや照明制御の開発に6年間従事。 2006年のユーロビジョンソングコンテストやアーティストのステージを支えるエンジニアとしてベルギーを拠点に欧州で活躍。 日本ではライブストリーミングサイトdommuneや、坂本龍一の映像配信などをサポート。 その一方で、vjとしてクラブシーンとも関わり、積極的にvjソフトウェアを開発。 小さくてもニーズのあるツールを提供するのが生き甲斐。次のプロダクト作成のため、メンバーを探している半ばの人生。 エンジニアとしてのメンタルを保つために、アジア大陸最南端でギラギラ葛藤中。 動物とあんことレッドブルが好き。最近お酒に弱くなりました。

0 comments