コピを飲む

こんにちは、プログラマの三浦です。

エンジニア論が続きましたので、今週はシンガポール生活の小話をします。

カフェイン中毒として名が知れている私ですが、以前は1日にRedBullを2缶飲み続け、最高6缶ぐらい飲んだことがあります。
シンガポールに来てからは
・現地向けのRedBullがイマイチ口に合わない
・日本で飲んでいたタイプは値段が高い
等の理由で自然と飲まなくなっていきました。
結果カフェイン不足に陥り、最終的にコーヒーの消費がかなり増えました。

シンガポールにはスターバックスなどのチェーン店もありますが、ここでは地元の人が多く利用するホーカー(地元に根付いた、ローカルなフードコード)でのコーヒーの頼み方を紹介します。

こちらはホーカーではなくフルーツ市場。でもホーカーの雰囲気もこんな感じです。

こちらはホーカーではなくフルーツ市場。ホーカーの雰囲気もこんな感じです。

ガイドブックやシンガポールに関するブログには必ず載っているというコーヒーの頼み方。
ホーカーのメニューにはコーヒーは書かれておらず「KOPI(コピ)」と書かれています。
※紅茶もティーではなく「TEH(テ)」と書かれています。

ちなみに語源はマレー語で、カタカナでそのまま読んでも比較的通じます。

***************
KOPI(コピ)コーヒーの砂糖、コンデンスミルク入り

KOPI GAO(コピ ガオ) コーヒー苦めで砂糖、コンデンスミルク入り

KOPI POH(コピ ポー)コーヒー薄めで砂糖、コンデンスミルク入り

KOPI GAH DAI(コピ ガータイ) コーヒーに砂糖、コンデンスミルク多め入り (激甘)

KOPI C(コピシ) コーヒーに砂糖、エバミルク(日本のクリープ)入り

KOPI C KOSONG(コピシ コソン) コーヒーにエバミルク入りで砂糖なし

KOPI KOSONG(コピ コソン) ブラックコーヒー(砂糖、ミルクなし)

KOPI O(コピ オ) 通常のコーヒーに砂糖入り

KOPI O GAO(コピオ ガオ) コーヒー苦めの砂糖入り

KOPI O POH(コピオ ポー) コーヒー薄めの砂糖入り

KOPI O SIEW DAI(コピオ シューダイ) コーヒーの砂糖少なめ
***************

まずは一番スタンダードなコピを頼みましょう。
ただし、南国仕様なのでスタンダードなコピでもかなり甘めです。

聞くところによると、コピはコーヒー豆を砂糖とマーガリンを加えて焙煎しているらしいです。
淹れ方も、大きなポットに豆とお湯を入れて、ぐるぐるとかき混ぜ、別のネルドリップをセットしたポットに入れ替えるというダイナミックな方法です。

※文章にしてもダイナミックな感じが表現できませんので、皆さん是非挑戦してみてください。

観光で来られる方は、わざわざホーカーに立ち寄ってコピを頼む時間はないかもしれません。
そんな方は街中で「Toast Box-土司工坊-」という看板を探してみてください。

◆Toast Box-土司工坊-
http://www.toastbox.com.sg/

繁華街から郊外まで、ありとあらゆる所に進出しているローカルのカフェチェーン店。
コピの他、名物・カヤトーストのセットなどがお手軽に食べられます。

私が住んでいる街の最寄り駅にももちろんあります。改札の目の前のせいか、終日UncleとAuntie※で賑わっていて、常に満席で未だに席に座れたことがありません。
※シンガポールでは、おじさんおばさんへ親しみをこめて、アンクル・アウンティーと呼びます。

それでもスタバにこだわる方にオススメの店。Buona Vistaという駅の近くある’STARBUCKS Rochester Park店’。うちの社員はこのスタバに通いたいがために、その近所に住もうとしていました…。雰囲気はいいですよ。

それでもスタバにこだわる方にオススメの店。Buona Vistaという駅の近くある’STARBUCKS Rochester Park店’。うちのスタッフはこのスタバに通いたいがために、その近所に住もうとしていました…。とてもいい雰囲気でした。

コピの頼み方をマスターして初めてシンガポール在住を名乗って良いんではないか?と思える、シンガポールでの超基礎知識でした。

Best Regards,

Nozomu Miura

miura

秋田県生まれ。ベルギー、東京を経て現在シンガポール在住。 様々な業務アプリケーションの開発に関わり、主に低レイヤーの開発を得意とする。 ベルギーへ渡り、照明最大手のR&Dのリードエンジニアとして、メディアサーバや照明制御の開発に6年間従事。 2006年のユーロビジョンソングコンテストやアーティストのステージを支えるエンジニアとしてベルギーを拠点に欧州で活躍。 日本ではライブストリーミングサイトdommuneや、坂本龍一の映像配信などをサポート。 その一方で、vjとしてクラブシーンとも関わり、積極的にvjソフトウェアを開発。 小さくてもニーズのあるツールを提供するのが生き甲斐。次のプロダクト作成のため、メンバーを探している半ばの人生。 エンジニアとしてのメンタルを保つために、アジア大陸最南端でギラギラ葛藤中。 動物とあんことレッドブルが好き。最近お酒に弱くなりました。

0 comments